ピルより安全な女性ホルモンを増やすサプリで更年期の症状を改善

女性ホルモンを増やす,サプリ

軽度な更年期の症状にはサプリで対処できます。

更年期の知名度もあがり、40代を過ぎた女性が不調を感じた時

【私、更年期かも?】と自分で気付く人も多くなってきました。
そのせいか、女性更年期に効果的なサプリも数多く販売されるようになっています。
軽い症状や初期の症状にはサプリでも十分な効果が出ますので、女性更年期サプリを飲んで、何年続くかわからない更年期と上手につきあっていきたいですね。

 

ただ、そんな更年期サプリは大きく2種類に分けられることをご存じでしょうか?

 

女性ホルモンと似た働きをする植物性女性ホルモンが配合された更年期サプリ
女性ホルモンの分泌を促す成分が配合された更年期サプリ

 

どちらのタイプがあなたに症状の改善をもたらすかは残念ながら試してみないとわかりません。
ただ、最近の傾向としては、大豆イソフラボンの人気が示すように、女性ホルモンと似た働きをする植物性女性ホルモンが配合された更年期サプリを試されている方が多いようです。

 

その理由は多々ありますが、植物性女性ホルモンが配合された更年期サプリを摂取することは少なくとも加齢で減った女性ホルモンを確実に補充しているからです。
ですから、女性ホルモンを分泌する力を促すというサプリよりも女性ホルモンを植物性女性ホルモンで補充するサプリの方が確実補充された感があるため人気のようです。

更年期かな?と思った場合の女性ホルモンを増やすセルフケア

更年期障害というのはつらいもの。
また、悲しいことに家庭によっては家族の理解が得られなかったり、むしろ親の介護や子供の受験などいろいろと考えることもあり心のよりどころがなくなってさらに悪化してしまうこともあります。

 

しかし、更年期障害は病院で治療しなくても初期の段階であれば自分で自分をケアするいわゆる「セルフケア」というので少しでも症状を緩和することができるんです。

まずは身体のバランスを整えることが必要です。身体がだるい、重い、なんて状況だとさらに何もしたくなくなりますよね。

毎日少しずつでよいので歩く回数や距離を増やしたりちょっとした体操(ラジオ体操とか家でできるものでOKです)などをしたりして身体をすっきりさせましょう。
運動はエストロゲンの調整を行うという医学的根拠がありますので、軽い運動は女性ホルモンを増やす日課としてかかせません。

 

また一番ケアしなければいけないのが心。
これはリラックスしたりすることが大事ですので毎日ちょっとでも一人でぼーっとお茶を飲んだり音楽を聞いたりする時間を増やしてみましょう。
ストレスは自律神経の乱れを招きます。
更年期症状は自律神経の乱れから起こります。
よって、リラックス状態を心がけることは、女性ホルモンを増やす効果と同じくらい更年期の症状を軽くすることになります。

 

やっぱり状況がしんどいなと思うのならば、最初の手段として女性ホルモンを増やすサプリを服用することは有効です。

女性ホルモンを増やすピルの更年期障害への効果

更年期障害を乗り切るにはいろいろと趣味を見つけたりスポーツをするようにしたりなどしてメンタルを整えていくこともできますが、しんどくなったら薬に頼ってしまうのも手です。

 

おくすりといっても低用量ピルというものであればなんとなく聞いたことあるなって人もいるのではないでしょうか。

 

低用量ピルといえば避妊のために使うものかなってなんとなく思う方が大半だと思いますが、避妊以外にも有効なんですよ。

 

女性ホルモンの量が一定になるということなので経血の量が抑えられたり生理の周期が安定し足りもします。またPMSと呼ばれる生理前症候群などの症状を減らすこともできます。

 

そんな低用量ピル、女性ホルモンの量を整えてくれるのでホルモンバランスが整えられれば更年期障害の症状も和らげられると考えられています。
加齢によって減った分のホルモンを薬剤で補うわけですから理にかなったお薬といえます。

 

また、艇用量ピルは子宮頸がんや子宮体癌のようながんの発生リスクもおさえてくれるようなのでとてもよいお薬なんですよ。
このような低用量ピルを初めて使用する場合にはお医者さんに行って問診を受けてから処方してもらうのが一番よいですね。

 

更年期と女性ホルモンの一つエストロゲンの関係

女性ホルモンはプロゲステロンとエストロゲンと2種類存在していて、脳から指令が下りることでこの女性ホルモンが卵巣から分泌されています。

 

女性の更年期障害に関係があるのはエストロゲンなのですが、このエストロゲンの役割としては自律神経をバランスよく保ったり、卵巣や子宮の動きを活発にしたりなどです。

 

若いころはエストロゲンの分泌を大量にすることが可能になってきますが、年を取るにつれて卵巣の機能が低下するのでいくら脳が指令を出してもエストロゲンをたくさん分泌するのが難しくなってきます。

 

エストロゲンが指令を出してもちゃんと分泌されなくなると脳がパニックを起こしてしまい、それが引き金となって自律神経が乱れてきてしまうのです。

 

自律神経の乱れから顔がほてってしまったり汗が止まらなくなってしまうような症状が起きたり、鬱のような状態になったり頭痛がするなどの更年期の障害が現れることになるのです。

 

そのために女性ホルモンの一つエストロゲンと更年期障害は密接な関係があるといえます。

女性ホルモンを増やす低用量ピルの安全性

かつて、日本では高用量または中用量のピルしか取扱いがありませんでした。

これらのピルはホルモンの含有量によって名称が異なりますが、50μg以上を高用量、50μgを中用量、それ以下を低用量と呼んでいます。

 

低用量ピルが日本で認められたのは1999年のことであり、それまではホルモン量の多いピルによって胃腸障害や静脈血栓塞栓症など、多くの副作用が問題視されていました。

 

日本でピルに対する副作用が注目されるのは、このような背景があるからだと考えられますが、現在一般的に使用されているのは安全性の高い低用量ピルです。低用量ピルはこれらの副作用を改善するために開発されたピルであり、ホルモン量が低めに抑えられています。

 

また、もともとヒトのからだでつくられている女性ホルモンをもとにしてできた薬であるため、女性にとって多くのメリットを生むということは間違いありません。

 

事実、避妊目的以外にも生理痛の緩和や生理不順の改善、子宮内膜症やニキビの改善、子宮体ガン、卵巣ガンなど多くの治療にピルが利用され、多くの女性たちを救っているのです。

 

更年期に治療で行うホルモン治療も低用量ピルを処方する婦人科が多いです。

女性ホルモンを増やすサプリ関連

本気で更年期の治療に女性ホルモンを増やすサプリを考えている私。
先日とうとう、更年期の症状??というのが出たのでとうとう女性ホルモンの分泌が少なくなったとかと。。。愕然
少し前から更年期らしい症状は確かにあった、ホットフラッシュこそなかったけど、強烈な眠気とめまいとイライラ、王道な症状だけと出てた。

 

女性なんで仕方ないけど更年期の年になったのかと思うとうつっぽくなるのは更年期のせいかしら(笑)
私の卵巣もいよいよ女性ホルモンを分泌できないくらい年をとってきたのね
女性ホルモンを増やすために運動してるんだけどね。
でも本当に運動は女性ホルモンを増やすのに良いよ、多分運動してなかったらもっと女性ホルモンの分泌は減少してて更年期の症状も強く出てたと思うもんね。

 

運動しても女性ホルモンの分泌が減るなら本気で更年期サプリしかないんじゃないか!!と思い、ネットで女性ホルモンを増やす更年期サプリを検索中の日々

 


 

姉妹サイトはこちら

 

女性ホルモンを増やと更年期の症状が改善する
エクオールサプリと大豆イソフラボンを比較
ピルではなくエストロゲンを増やすサプリで更年期対策

更新履歴

http://www.fginfoarquitectura.com/ 酵素ダイエットは意味がない? www.petfriendlysanfranciscohotels.com/ 薄毛を克服できる育毛剤 www.sweet-online-shopping.com/ 育毛剤ランキングで抜け毛を改善 誰も語らない脱毛後の肌 http://www.8000metres.com/ http://www.bokavi.com/ 探偵事務所の評判をどこまで信じていいか 酵素ダイエットの成功例を紹介! ミュゼプラチナムを予約するなら最安値で http://www.ledomainedugem.com/ http://www.goosebustersguideservice.com/ 酵素ダイエットの口コミ 探偵事務所を比較する 抜け毛育毛剤のおすすめはこれです。 酵素ダイエットの効果 探偵の仕事内容